心理カウンセラーになるには資格が必須|悩める人の心の拠り所

ウーマン

手技療法で癒す道

施術を受ける婦人

様々な活躍の場

日本には鍼灸マッサージ以外にも、整体やエステ、カイロプラクティックなど様々な手技療法があります。しかし現在、この中で国家試験があり、国家資格として認められている手技療法は鍼灸マッサージしかありません。そのため、自らの手技を通して様々な施術を行いたい、という方に、鍼灸マッサージは人気があります。よく鍼灸マッサージと聞くと高齢者に対する施術や、ぎっくり腰、肩こりなどの治療を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。確かに高齢化社会になるにしたがって、鍼灸マッサージのニーズも増しています。しかしそれだけではなく、スポーツトレーナーや、不妊治療、美容鍼灸など様々な分野で鍼灸マッサージ師は活躍の機会があるのです。

夜間部もあり

鍼灸マッサージ師の資格を取得するには、専門学校に3年間通うか、鍼灸マッサージ科のある大学に行かなくてはなりません。その上で年一回の国家試験をうけ、合格すると資格を取得することができるのです。多くの学校には、昼間部と夜間部の二部があります。そのため働きながら専門学校に通うことも可能です。また学校によって、鍼灸のみを教える鍼灸科と鍼灸・マッサージ両方の資格が取れる鍼灸マッサージ科とに分かれていますので、学校を選ぶ際にはよく確認しましょう。それぞれの学校が、年に何回か説明会を行っていますので、気になるところには積極的に足を運び、まずは、自分に合った学校を選びましょう。学費や授業内容などわからない事や疑問に思うことは事前に問い合わせると安心です。