心理カウンセラーになるには資格が必須|悩める人の心の拠り所

ウーマン

治療できる資格

男性

治療できる資格のメリット

人間を治療を公的に認められているのは医師のみと思われがちですが、鍼灸師や柔道整復師も自らの判断で治療することができます。特に柔道整復師の治療としては骨折や脱臼などのほか打撲、捻挫、挫傷などスポーツの現場で発生する可能性のある怪我がその対象になります。特に骨接ぎが中心であることもあり、一般的には柔道整復師は接骨院として開業しています。公的に認められている資格であるため柔道整復師の場合には一部の治療では健康保険の請求を行うことが可能です。健康保険の対象としては骨折や脱臼などの応急手当が中心ですが、仕事中や通勤途中のケガは労災保険、交通事故によるケガは自賠責保険の請求を行うことが可能になります。また医師免許とは異なり柔道整復師は大学のほか専門学校で学ぶことができます。

取得のためには

柔道整復師になるためには、柔道整復師国家資格試験を受けて合格することで、資格を取得することができます。この試験に必要な知識や技術を学ぶためには国が許可している専門学校か4年制大学に通い卒業することが求められますが、専門学校に関しては社会人になってからでも十分に取得可能です。特に専門学校では昼間部のほか夜間部もあり働きながら取得を目指す人も多くいます。一般的な専門学校での柔道整復師になるためのカリキュラムとしては、基礎分野、専門基礎分野、専門分野の3つがあり、これらを3年をかけて履修します。柔道整復師は応急処置をすることが可能なので、接骨院などで独立開業するほかにもスポーツ施設などに就職するさいに有利な資格にもなります。