心理カウンセラーになるには資格が必須|悩める人の心の拠り所

ウーマン

東洋医学で治療を行う

お灸

国家資格を持っている

鍼灸師になるために注意することは、 はり師ときゅう師の、2つの国家資格を取らなくてはいけないということです。鍼灸師単独の資格はないので、注意が必要です。はり師ときゅう師の資格は、高校卒業後に専門学校など、鍼灸師の養成課程のある学校に入り、国家資格を受験できる資格を取得した後、国家試験を受けて合格した人に与えられます。専門学校では、3年以上勉強する必要があり、はり師ときゅう師の国家試験は、年に1回、毎年2月に行われています。国家試験は、筆記試験が行われていて、はり師ときゅう師の2つを、同時に受験することも可能です。はり師ときゅう師の国家試験を、同時に受ける場合には、共通科目の試験が免除されるので、注意が必要です。

針やお灸で治療する

鍼灸師の特徴は、針やお灸を使った、医療行為が行えるということです。針をツボに刺すことによって、血流を良くしたり、肩こりや腰痛などを改善する治療が行えます。針に微弱な電流を流し、筋肉の働きを活性化する治療も行っていて、たるみが解消するなどの美肌効果もあり、美容のために利用する女性のための、鍼灸院もあります。お灸の治療では、温めたもぐさを使い、ツボに熱刺激を与えることで、体を温めて痛みを改善する効果があります。鍼灸師は東洋医学の勉強をしていて、体全体のツボを熟知していて、体の痛みや不調に対応することができます。整体やマッサージなどの施術を、組み合わせている鍼灸院も多く、患者一人一人の状態にあわせた、治療を行っています。